2021.09.01

お店の営業時間、勝手に変更されて間違っていませんか?

GoogleマイビジネスやFacebookなどの検索サービスを自社で管理しているのに、いつの間にか営業時間等が変わっている…
こういった経験がおありではないでしょうか?

  • 営業しているのに休業と表示
  • 営業時間が短く表示

これらは、来店機会の損失に繋がってしまう為、絶対に避けたい事態です。

こういった事態を避けるために、原因と対処方法をお伝えします。

目次

  1. 営業時間などの店舗/施設情報が誤った情報に書き換えられてしまう理由
  2. 誤った情報はどのくらい存在するのか?
  3. 正確な店舗/施設情報を管理する方法

C2S Powered by Yextでは、Googleマイビジネスなどの検索サービスに掲載されているお店/施設の営業情報をユーザーからの書換や検索サービス側の自動更新などを防止する画期的な機能があります。

1. 営業時間などの店舗情報が誤った情報に書き換えられてしまう理由

理由は主に2つです。

  1. WEB上のあらゆる媒体に掲載されているお店/施設の情報が管理出来ておらず不正確
  2. ユーザーの好意で、最新のお店/施設の情報を検索サービスに提案する為

1. について、特にGoogleなどの検索エンジンは、WEB上のあなたのお店/施設の情報を定期的にかき集め、その情報を集約してGoogleマイビジネスやGoogleの検索結果に反映させます。その為、WEB上に存在するあらゆる貴店の店舗情報を全て正しく管理していないと(例えば、HP、プレスリリース、SNS、レビューサイトetc…)Google側によって書き換えられてしまいます。

2. について、そんなめんどくさい事をするのかと思ってしまいますが、検索サービス側も積極的にユーザーの提案を促進しています。
※下図Googleマップ例 実際に拠点側に許可を得て筆者が正しい情報の提供を行った例です。

「有益な情報を提供してくれてありがとう。あなたの貢献度は大きいですよ」といった具合です。
なんとこの通知はGoogleからGmailにて一か月間に4回も来ました。

2. 誤った情報はどのくらい存在するのか?

とはいっても、そんなに誤った情報は存在しないのかとお考えかと思いますがその数なんと約4割もあることが分かっています。※Yext社調べ
つまり、約4割の新規来客者を逃してしまっている可能性があるとも言えます。

更にコロナ禍の緊急事態宣言の影響により増加傾向にあり特に緊急事態宣言の発令に伴い、営業時間が頻繁に変更されるため、お店/施設の営業時間が変更されるケースが多発しています。
これは、自社でGoogleマイビジネス等を管理していても発生してしまいます…。

3. 正確な店舗/施設情報を管理する方法

この様な不正確な情報の書き換えをC2S Powered by Yextではブロックして、常に正確な情報を保つことができます。
C2S Powered by Yextでは、プラットフォーム上に店舗/施設の情報を入力し、その情報を自社HPには勿論、約30の検索サービスと連携が可能。
※下図、管理画面一部参照

さらにどの検索サービスから、いつどんな内容で情報の更新の提案があったか、管理画面にて一目で確認することが可能です。(一部確認できないことも有り)
※下図参照
提案の内容が正しければ、承認。誤っていたら拒否することで正確な情報を保つことが出来ます。
うっかり情報を更新し忘れた時に、提案内容が合っていると入力の手間が省けて助かることもあります。
Googleは頻繁に項目が更新されるので、提案内容を利用した方が入力するよりも楽な場合が多いです。

C2S Powered by Yextを利用して自社の店舗/施設の情報を勝手に書き換えられることを防ぎ、来店機会を増加させてみませんか?

詳細は、下記よりお問い合わせ、もしくはメールマガジンをご登録下さい。
メールマガジン:https://c2s.usp.co.jp/form/magazine.html
お問い合わせ:https://c2s.usp.co.jp/form/

メールマガジン登録

マーケティングや集客率アップに関するお役立ち情報を定期的に配信。
集客アップの取り組みにぜひお役立てください。